バイアグラ 通販 注意

バイアグラ個人輸入の注意点

バイアグラを個人輸入で購入する場合に注意しなければならないのは、偽物を買わないことです。偽物の中には、有効成分の量が正規のものよりも少なかったり、入っていなかったりする場合だけでなく、他の薬の成分が配合されている場合もあり、非常に危険です。また、極めて衛生状態が悪い環境で製造されていることもあり、この点からも健康被害が心配されます。

 

本物と偽物の区別は素人には難しい場合が多いので、実際に薬を見ても判別できない可能性が高いといえます。ただ、偽物の中には、そもそもオリジナルが存在しない「シアリス100mg」のようなものもあり、こういった一目で分かるような偽物は、多少の知識があるだけで簡単に回避できます。また、ボトルやパッケージ、添付の説明書などを比較することで、偽物を判別できる場合もありますが、これらで判別するのは専門的な知識がないと難しいかもしれません。

 

やはり、そもそも偽物を扱っているような業者とは取引をしないのが一番です。信用のできる業者を判別するポイントの一つに、FDAが認可している医薬品を取り扱っているかというものがあります。FDAとは、アメリカ食品医薬品局のことで、日本の厚生労働省にあたる機関(保険福祉症 HHS)に属する機関です。食品や医薬品、化粧品、医療機器、動物薬、玩具などの許可や取締りを行っています。FDAが認可した医薬品を多く取り扱っている業者は、信用性が高いといえます。
また、厚生労働省のHPには、「個人輸入において注意すべき医薬品等について」というページがあり、健康被害があった薬についての情報が公開されていますので、参考にしてください。